BLE Module Firmware Development Q&A: NFC pins creates “Error 404 – signal not found” (technically)

When you start developing your firmware for your Nordic nRF52832 solution-based Raytac BLE module, you will (like on most other projects) bump into some difficulties.

The other day, we had yet another case where a simple thing caused major difficulties for even some of the brightest people – a customer couldn’t get their GPIO direction bit to work.

Although not too difficult to solve, it’s a common error that most customers end up having on our modules and that is because Pin 0.09 & 0.10 are set to NFC per Nordic’s default settings. In order to be able to use these pins as normal GPIOs, you will have to change those settings.

The two pins I am talking about are the ones linked to the NFC-part to the far left in the circuit example below:


nRF52832 MDBT42V Schematic.png

So, to convert these two pins to normal GPIOs, here’s what you need to do:

In SES, you’ll need to add CONFIG_NFCT_PINS_AS_GPIOS.

Pic 1
Right-click on the project and click “Edit Options”
Pic 2
Select “Common”, click on “Preprocessor” under “Code” and then click “CONFIG_NFCT_PINS_AS_GPIOS”

Check out the link below for a reference example on Nordic’s DevZone.

Reference link: Nordic DevZone – NFC pins into GPIOs

 

Raytac Corporation
A BT4.1 & BT4.2 & BT5 module maker based on Nordic nRF51 & nRF52 solution 
(nRF51822 & nRF51422 & nRF52832 & nR52810 & nRF52840)
www.raytac.com          email: cs@raytac.com          Tel: +886.2.3234.0208

GPIOって???

Raytac Corporation

A BT4.1 & BT4.2 module maker based on Nordic nRF51 & nRF52 solution 
(nRF51822 & nRF51422 & nRF52832 & nRF51802)
Tel: +886.2.3234.0208
email: service@raytac.com
日本での代理店への連絡は下記の通り。
株式会社フクミ (Fukumi corporation)
消費材企画開発Gr. LBTチーム (Consumer Products R&D Group, LBT team)
榊 和優 (Kazumasa Sakaki)
Tel : 03-5687-2890 (+81-3-5687-2890)
Mail : lbt_bt@fukumi.co.jp
ブログから引用。詳細は下記Link先へ。
 
Bluetoothのチップ等の製品仕様などを見ていると
「GPIO 32ピン プログラマブルGPIO」なんて言葉が出てきたりしますが、
そもそも、この「GPIO」って何?について解説する回です。
GPIOはGeneral Purpose Input/Output(汎用入出力)の略語で
簡単に言うと「入力にも出力にも使えるデジタル信号の出入口」です。
そもそもマイコンは「CPU」と「メモリ」、「周辺機能」で構成されていて、
CPUはプログラムに従って、演算やデータの読み書き、条件判断などを行います。
メモリは、そのプログラムを格納します。
周辺機能は、マイコンを便利に使うためのさまざまな機能となります。
例えば、CPUと外部のセンサやスイッチなどの信号のやり取りをするために、
周辺機能である「入出力ポート(I/Oポート)」が必要です。
この入出力ポートのうちデジタル信号の出入口がGPIOです。
例えば、たくさんのセンサを積んだ製品には
このGPIOピンをたくさん使用することになりますが、その分サイズが大きくなります。
RaytacではNordic SoC nRF52832のWL-CSPパッケージを積んだモジュールを現在開発中で、
近々GPIO 31ピンと20ピンの2バージョンのリリース情報が報告できると思います。