Raytac Corporation

A BT4.1 & BT4.2 module maker based on Nordic nRF51 & nRF52 solution 

(nRF51822 & nRF51422 & nRF52832 & nRF51802)

Tel: +886.2.3234.0208

email: service@raytac.com

日本での代理店への連絡は下記の通り。

株式会社フクミ (Fukumi corporation)

消費材企画開発Gr. LBTチーム (Consumer Products R&D Group, LBT team)

榊 和優 (Kazumasa Sakaki)

Tel : 03-5687-2890 (+81-3-5687-2890)

Mail : lbt_bt@fukumi.co.jp

株式会社フクミのブログから引用。詳細は下記Link先へ。

http://bluetooth.tokyo/

Bluetooth SmartとBluetooth Smart Readyについて

SIGの説明を引用しながら紹介したいと思います。

■Bluetooth Smart/Ready機器とは?

<Bluetooth Smart>

LogoBluetoothSmart

Bluetooth Smartとは極低電力で動作する無線通信規格のBluetooth Low Energy(BLE)に

対応していることを示すブランド名のことです。

Bluetooth Smart 機器は、特定のタイプの情報(戸締りした?血糖値はどのくらい?今日の体重はどのくらい?等)を

収集することを目的としており、それらを Bluetooth Smart Ready 機器に送信します。

このような機器には心拍数モニター、血糖測定器、スマートウォッチ、窓およびドアのセキュリティセンサー、

カーキーリモコン、血圧測定用カフ(上腕に巻いて用いる、細長い袋状の布)などがあります。

<Bluetooth Smart Ready>

LogoBluetoothSmartReady

Bluetooth Smart ReadyとはBluetooth Low Evergy(BLE)とBluetooth Clasiccの両方が

実装されていることを示すブランド名のことです。

Bluetooth Smart Ready 機器は、既にユーザーの手にある何十億台もの Bluetooth 機器等

(電話機、タブレット、パソコン、テレビ、セットトップボックスやゲーム機など)に接続するのに最も効果的な手段です。

これらの機器は従来のBluetooth(Bluetooth Classic)やBluetooth Smartから送信されたデータを効率的に受信し、

データを役立つ情報に変換するアプリケーションに送られます。

■Bluetooth Smart マークを使用する利点

製品パッケージ、販売促進用品、ウェブサイトなどに Bluetooth Smart および Bluetooth Smart Ready マークを使用すると、以下のような非常に大きなマーケティング優位性があります。

・広く認められた信頼されているブランドマークで製品のお試しと購入が増加

-調査ではブランド識別はお試しと購入を後押し

-Bluetooth ブランドは消費者に 97% 以上の認知度がある

・明確な機器の互換性識別で消費者の混乱を取り除き、返品が減少

-消費者はどの機器が自分のスマート機器と互換性があるのかを知りたい

・長期的な最終顧客ロイヤルティを構築

-Bluetooth Smart および Bluetooth Smart Ready マークは将来の仕様バージョンに

わたって、購入の障壁と今後の機器アップグレードに関する消費者の混乱を低減します

■どうすれば製品にマークを付けることができるのか?

Bluetooth SIG の主要な目的の一つは、全て Bluetooth 製品が適切に認証され、

Bluetooth 使用許諾契約に従っていることをメンバーが確実にするために支援することです。

SIG によって管理されるオンラインツールを使って、

メンバーは完了すべき2つの段階のプロセス(認証および申告)があります。

 *Bluetooth Smart Ready マークを付けるには、機器は2つの基準を満たす必要があります。

・ベーシックレートとローエナジーの複合コア構成を備える BT4.0 (またはそれ以降) を内蔵

・エンドユーザーが Bluetooth Smart Ready 製品で Bluetooth Smart 製品の機能性のアップデートを

選択できる手段を提供にするために GATT 基盤アーキテクチャを使用

 *Bluetooth Smart マークを付けるには、機器は 2 つの基準を満たす必要があります。

・ローエナジーコア構成またはベーシックレートとローエナジーの複合コア構成を備えるBT4.0(またはそれ以降) を内蔵

・製品の特定機能を有効にするために GATT 基盤アーキテクチャを使用

About the Author Raytac Corporation

Raytac Corporation was established in year 2004 by a group of engineer's expertise in the Radio Frequency (RF) technology and a team of experienced multinational senior marketing and production personnel. The core technology know-how in RF Module, BLE Module, Manufacturing of the wireless electronic products, Raytac has committed to the customers a more convenient wireless choice. Our mission, "Making our life more convenient through innovation and application of wireless technology"; we will constantly evolve and adapt from our RF technology, to provide all our customers the best solutions in the wireless world. And, will devote ourselves to be one of the wireless technology leader in the world and have more contribution to the human beings.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s